HOME > 製品詳細
/ 詳細の閲覧
[学校 > パン]
<<戻る   
お問合わせは、このボタンで
第2部パン専科 (ID=2)
2年間でパンづくりのすべてを学ぶ。

つくることでしか学べばいパンの技術
2年間でパンづくりのすべてを学ぶ。
パン専科では全体の9割を、「自分の手で作る」実習授業にあてています。科学的な知識が必要になるパンづくりの基礎を身につけるための「実験」の授業をはじめ、食パン類、ロール類、甘味、調理パンなどの菓子パン類、ハード系のパン類から新しい分野である料理パンなど応用、高度な技術まで何度も繰り返して身につけます。また、現場で使用されているオーブンはもちろん、スペイン式、フランス式、ポンペイ式の石窯を設置し機械では得られない手作りの「感覚」を育む授業も行なっています。より実習に重点をおいた授業の分、講義授業は全体の1割となりますが、製パン理論や原料学、食品衛生学などの基本から店舗経営学などまで必要な知識はしっかりおさえています。
2年制
月水金:週3回 PM6:00〜PM9:30
実技・実習: 88%
学科講義 : 12%
教科目 授業内容 時間数
模範実技 教師による基本実技と応用の実際。最新のパン類のデモンストレーション。 284
実技講習 講師による特殊製パン法の講習(洋菓子を含む)生産工場での作業要領など。 4
製パン実験 基本的な製パン法(直捏法、中種法、冷凍法、ノータイム法など)の実験と報告。 72
製パン実習 日本、フランス、スイス、ドイツ、オーストリア、イギリス、アメリカ、オランダ、北欧などのパン実習。 452
製パン理論 パンの定義分類沿革などの総論。各種の製法工程および品質管理の解説。 36
原料機械 小麦粉等の主要原材料の基礎知識。オーブン、ミキサー等の諸機械の構造と管理。 36
パン店経営 経営管理法および販売法(店舗構成、商品陳列、接客対応など)の営業実務。 12
衛生管理 食品衛生学、公衆衛生学の概要と工場店舗での衛生指導および衛生法規の解説。 28
パンの歴史 パンの起源と発達、製法と形状および嗜好の変遷など世界と日本のパン文化史。 4
一般教養 一般的な教養講座と外国語などの専門用語知識の解説。 8
パン業実務 業界の経験者による経営と工場管理、人事関係および業界情報など実務の実際。 8
新規開店 市場調査・分析、企画書作成、設計施工等、開店準備の解説。 8
新規開店 市場調査・分析、企画書作成、設計施工等、開店準備の解説。 8
合計 960